ヘアサイクルが乱れる原因とは

 

FAGA(女性における男性型脱毛症)発症の原因の一つとも言われる「ヘアサイクル」の乱れ。

若々しく美しい髪を維持するために、正常なヘアサイクル(毛周期)を保つ事は、率先して取り組むべき課題となります。

 

ヘアサイクルが乱れる“原因”

【ホルモンバランスの乱れ】

加齢によって女性ホルモンが減り男性ホルモンの割合が増え、男性ホルモンの作用を強く受けるようになります。これがFAGA(女性における男性型脱毛症)の主な原因とされています。

【頭皮の血行不良】

頭皮の血行が悪くなると、髪の毛が成長する為に必要な栄養が毛根に行き届かずヘアサイクルの乱れを引き起こします。

 

「加齢」以外でヘアサイクルを乱す“要因”

◼️ 栄養バランス…ジヒドロテストステロンを増加させるⅡ型5αリクターゼは栄養不足により活性化します。髪の成長には亜鉛をはじめとするタンパク質・ビタミン・ミネラルといった栄養素が欠かせません。

◼️ 過度なストレス…ストレスを受ける事により男性ホルモンが増加。それによって脱毛を促す「ジヒドロテストステロン」という物質が生成されます。

◼️ 喫煙・飲酒…喫煙は血行を悪化させ、アルコールは体内で分解する際、多くのエネルギーを消費します。

また、喫煙や飲酒、ストレスなどは体内における活性酸素の発生を助長させ身体の老化を早めると共に、ジヒドロテストステロンの生成を抑制する亜鉛を大量に消費します。

 

まずは「生活習慣」を見直し、ヘアサイクルを乱す“要因”を少しでも減らしていく事が育毛には大切になります。

タイトルとURLをコピーしました